ブログ

JP構造タブ作成【2022年版】

SS7からRevitに変換する方法その1 パソコンの初期設定【2022年版】」の
Step 6 「JP構造タブ」作成 について詳しく紹介します。

以下の作業は終わっている状態からスタートします。
Step 1 オートデスクアカウント作成 (管理者とRevitモデラが各一つ作成)
Step 2 Revitサブスクリプション購入
Step 3 Revit使用者の切替え (管理者→Revitモデラへ)
Step 5 Revitインストール

無償です。
所要時間 5分程度です。

概要

「Revit Extension for Structure Japan 2022」をインストールすると
「JP構造」タブに以下の機能が追加されます。
・伏図自動修正
・特記外設定
・RC断面リスト作成
・S断面リスト作成
・ST-Bridge Link (一貫計算ソフトで生成したstbファイルを読込む機能)
・マッピングテーブル
※各機能の詳細は下のグレーハッチング内を参照ください。
※バージョン2021から「REX J for Structure」「ST-Bridge Link」「Mapping Table」が統合されました。

ダウンロード・インストール方法

・Revitをインストールしたパソコンを使用。
Revit Extension for Structure Japan 2022のページを開く
・サインイン(Revitの使用権限があるオートデスクアカウントを使用)
・ダウンロード
・インストール
以上

■機能の説明(上記リンク先よりコピー)
<伏図自動修正>
平面図ビューで表示されている大梁,小梁,水平ブレース,スラブ,柱,壁,鉛直ブレースのうち,対象レベル以外の要素を非表示にします。

<特記外設定>
部材のタグに表示される内容によって,該当するタグを非表示にします。

<RC断面リスト作成>
プロジェクト内にロードされている構造柱,構造フレームのうち,パラメータの条件を満たしたコンクリート構造柱,コンクリート大梁,コンクリート小梁の断面リストを線分や文字を使用して構造平面図ビューに作成します。

<S断面リスト作成>
プロジェクト内にロードされている構造柱,構造フレームのうち,パラメータの条件を満たした鉄骨柱,CFT(コンクリート充填鋼管)柱,鉄骨梁,鉄骨片持梁の断面リストを線分と文字を使用して構造平面図ビューに作成します。

<ST-Bridge Link>
ST-Bridgeファイル(Ver. 1.4および2.0)のインポート,差分インポートおよびエクスポートに対応しています。

インポート機能は,ST-Bridgeデータを読み取り, 柱・間柱・柱脚・大梁・小梁・Sブレース・RCスラブ・デッキスラブ・スラブ開口・壁・壁開口・パラペット・基礎・布基礎・杭基礎 を Revitのモデルとして生成する機能です。モデル生成後,各部材の勝ち負け(ジオメトリの結合順序切り替え)を設定します。対象は,結合済みの部材のみとし, 結合順序は 杭>基礎>柱>梁>壁・ブレース>床 とします。

差分インポート機能は,ST-Bridgeデータを読み取り,前回インポート時からの差分のみをインポートする機能です。インポートする範囲を「断面のみ/断面+配置/断面+詳細位置」から選択できます。差分インポートの利用には,GUIDに対応したST-Bridgeファイルを使用する必要があります。

エクスポート機能では,ST_BRIDGE version=”1.4.00″ または,ST_BRIDGE version=”2.0.00″としてRevitの構造モデルをSTBファイルに出力が可能です。

<柱脚ファミリ同梱>
株式会社センクシア社が提供するハイベースNEO工法(角形鋼管柱/円形鋼管柱/H形柱),旭化成建材株式会社・岡部株式会社が提供するベースパック柱脚工法(角形鋼管柱/円形鋼管柱/H形柱)のファミリを標準同梱しており,ST-Bridgeデータ内にそれらが記載されている場合には該当ファミリをインポート可能です。

<ST-Bridge サンプルデータ同梱>
一般財団法人 buildingSMART Japan 様のご協力により,RC造とS造のサンプルデータを同梱しております。

<Revit 2022構造テンプレート同梱>
インポート用の構造ファミリなどの作成作業工数を削減する為,各種構造ファミリを含むST-Bridge Link標準となる構造テンプレートを同梱しています。こちらのテンプレートを使用することにより,すぐに機能をお試し頂くことが可能です。

<マッピングテーブル>
RC断面リスト作成,S断面リスト作成,ST-Bridge Linkを利用される際,必要に応じて構造マッピングテーブルを編集する機能です。

柱脚マッピングテーブルはST-Bridge Linkに同梱されている柱脚ファミリをインポートする際,必要に応じて柱脚マッピングテーブルを編集する機能です。

個別パラメータ追加機能は,任意のファミリにマッピングテーブルで設定されたパラメータを追加するコマンドです。

一括パラメータ追加機能は,マッピングテーブルで設定されたファミリにマッピングテーブルで設定されたパラメータを追加するコマンドです。

<マッピングテーブルのバージョン>
構造マッピングテーブル:Ver 3.0
柱脚マッピングテーブル:Ver 3.0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー