ブログ

SS7からRevitに変換する方法その1 パソコンの初期設定【2022年版】

武居です。
構造でRevitを使用する最大のメリットは、一貫計算からRevitへ部材を「変換」できることだと思います。

そこでこの記事では、これからRevitをはじめる方を対象として、
「Revit」と「変換ツール」のパソコン初期設定を一気におこないます。
(SS7はすでにインストールされているものとします)

<目次>
Step 1 オートデスクアカウント作成
Step 2 Revitサブスクリプション購入
Step 3 Revit使用者の切替え
Step 4 SS7 ST-Bridge変換プログラムのインストール
Step 5 Revitインストール
Step 6 JP構造タブ作成
※6つのうち5つは、5分以内で終わります。どれも難しい作業ではありません。

Step 1 オートデスクアカウント作成

・価格   無償
・所要時間 2分
・作業者  全員
・手順   下の関連記事を参照ください。

Step 2 Revitサブスクリプション購入

・価格   427,900円/年
・所要時間 2分
・作業者  管理者のみ(管理者とは購入する人のこと)
・手順   下の関連記事を参照ください。

Step 3 Revit使用者の切替え

Revitライセンスの使用者を、管理者からBIMモデラへ切り替えます。
管理者がご自身でRevitを使用する場合は、この作業はスキップします。
・価格   無償
・所要時間 2分
・作業者  管理者のみ
・手順   下の関連記事を参照ください。

Step 4 SS7 ST-Bridge変換プログラムのインストール

SS7をインストールしているパソコンに、SS7 ST-Bridge変換プログラムをインストールすると
一貫計算のモデルからstbファイルを生成することができるようになります。
・価格   無償
・所要時間 5分
・作業者  SS7担当者のみ
・手順 ユニオンシステムサイトでダウンロード・インストール

【関連記事】SS7からRevitに変換する ~初期設定2「ST-Bridge変換プログラム」【2018年版】
少し古い記事ですが、画面・手順はほぼ変わっていませんので参考になると思います。

Step 5 Revitインストール

Revitをインストールします。
・価格   無償
・所要時間 60分程度(待ち時間を含む)
・作業者  BIMモデラのみ
・手順 Autodesk公式サイトを開く
 →Revitを使用する人のアカウントでログイン
 →製品とサービスからダウンロード
 ※プロジェクト関係者と同じバージョンを選択すること

【関連記事】Revit2017のダウンロード・インストール
少し古い記事ですが、それほど画面・手順が変わっていませんので参考になると思います。

Step 6 JP構造タブ作成

Revitをインストールしたパソコンに「Revit Extension for Structure Japan 2022」というプラグインをインストールして、Revitの「JP構造タブ」に機能を追加します。
・価格   無償
・所要時間 5分
・作業者  BIMモデラのみ
・手順   下の関連記事を参照ください。

以上

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー