ブログ

SS7からRevitに変換する方法その2 新規作成【2022年版】

この記事では、SS7の物件データ(○○.ikn)から、Revitで新規プロジェクト(○○.rvt)を作成する手順を説明します。

以下の作業は終わっている状態からスタートします。
SS7からRevitに変換する方法その1 パソコンの初期設定

<目次>
1 ○○.cad7  の作成
2 ○○.stb  の作成

3 Revit  で読み込む
 3-1「Revit」起動
 3-2 テンプレートを開く
 3-3「ST-Bridge LINK」
 3-4 stbファイル選択
 3-5 生成する部材を選択する
 3-6 レベルマッピング
 3-7 マテリアルマッピング
 3-8 変換完了

1. ○○.cad7 の作成

1-1「SS7」起動
1-2「物件データ」を開く(準備計算まで計算しておく)
1-3「結果の一覧」 → 「結果★」を選択
1-4「CADリンク」をクリック → 保存

↓ 1-3以降の操作動画(音声なし・ループ再生)

2. ○○.stb の作成

2-1「SS7 ST-Bridge変換プログラム」起動
2-2「読込ファイル指定」
2-3「cad7ファイル」選択 → OK
2-4 ログを確認

↓ 2-2以降の操作動画(音声なし・ループ再生)

( STBビューワーで形状の確認をすることも可能 )

2. 3 Revit で読み込む(新規変換)

3-1「Revit」起動
3-2「新規作成」からテンプレートを開く

  REXJに付属の以下のテンプレートを使用しました。
   Structure-Template2022.rte

付属のテンプレートは下記に保存されています。
C:\ProgramData\Autodesk\ApplicationPlugins\REXJ_RST2022.bundle
\Contents\ST-Bridge Link\SampleData\Structure-Template2022.rte
※探しやすいフォルダにコピーを保存しておくと便利です。今回はデスクトップに保存しておきました。
※エクスプローラーなどで「隠しファイルを表示する」設定にしておかないと見えないことがあります。

3-3「JP構造」タブ → 「ST-Bridge LINK」クリック
3-4「stbファイル」選択  → 開く
3-5「☑ 部材を生成する」にチェックが入っていることを確認 → 次へ
3-6「レベルマッピング」新規作成 → 次へ
3-7「マテリアルマッピング」デフォルト → 次へ 
  ~ 変換時間(待ち時間) ~ 
3-8「変換ログ」が表示されれば変換完了

↓ 3-2以降の操作動画(変換時間はカットされています)(音声なし・ループ再生)

以上で、SS7からRevitへの変換完了です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー