ブログ

Revit 寸法線の表示方法

Revitで寸法線の表示方法をご紹介します。

菊川

<動画のおさらい>
この動画では、寸法線(通り芯スパン)を追記します。

・伏図を開く
・注釈タブ→平行寸法 の順にクリック
・X方向スパンの通り芯を、連続して選択 (選択できる線がハイライトで表示される)
 →空クリックで寸法線の位置が決まる
・Y方向スパンの通り芯を、連絡して選択
 →空クリックで寸法線の位置が決まる →エスケープ(Esc)で終了
____________
ここからは平行する寸法線の間隔を1000mmに補正します。
補助線を使用します。

・注釈タブ→詳細線分 をクリック
・1つ目の寸法線上の一点 をクリック
 →同じ寸法線の延長上 をクリック(補助線が描ける)
・補助線を選択
・修正タブ→移動 をクリック
・移動距離を1000mmと入力(上書き)する →エスケープ(Esc)で終了
・移動したい寸法線を選択する
・修正タブ→移動 をクリック
・移動したい寸法線の一点(端点)をクリック
 →補助線上の一点 をクリック →エスケープ(Esc)で終了

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー