新着情報

BIMソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BIMという言葉が日本に入ってから10年ほど経っています。
意匠設計の分野では取り入れている事務所が増えています。
セミナーもいっぱい行われています。
しかし構造設計分野では未だに足踏み状態に思います。
それはまずどのようなBIMソフトがあるのかも分からないからかもしれません。

特徴に関してはまた後日アップするとして、最近よく聞くソフトをリストアップしました。

・Autodesk社の「Revit」
(以前はRevit Architecture, Revit Structure、Revit LTとありましたが現在ではBuilding Design SuiteとRevit LTとして販売されています)
・Graphisoft社の「ArchiCAD」
(Solo版もあります)
・福井コンピュータアーキテクト株式会社の「GLOOBE」
・A&A株式会社の「Vectorworks」
・Bentley Systemsの「Bentley Architecture」

VectorworksとBentley Architectureはどちらかというと3次元CADのような気がします。
BIMソフトとしてこれから取り入れるとするとRevitシリーズ、ArchiCADかGLOOBEでしょうか?

次回はそれぞれの価格について調べてアップします。

菊川 由香

関連記事